野良猫の公園に散歩にいきました!

時々ですが、野良猫が多い公園にふらっと散歩しに行くことがあります。

 

広めな公園なので、様々な場所に野良猫がいます。人懐っこい猫もいれば、近づくだけで逃げていってしまう猫もいます。

 

私は猫が比較的好きなので、人懐っこい猫には触れたりしてマッサージみたいなのをしてあげるのですが、同じように散歩中に猫に触れている人も見かえます。

 

そんな中で聞こえてくるのは「猫の耳切れてるけど、何かされたのかな?」といったような会話です。

 

確かに多くの野良猫は耳の上の部分が少し切れています。その状態を見て「悪いことをされた」と思う人もいるかもしれませんが、あれは「去勢・避妊がされたサイン」となっているんです。

 

耳が切られてかわいそうと思う人もいるかもしれませんが、野良猫が住む公園のおそらく付近の人たちが、きちんと去勢や避妊をしてくれているというこなんですよね。

 

野良猫を見つけては「生きる道」を作ってあげられることって良いことだなって思います。

 

去勢や避妊が済んでいればエサを与えても子猫が増えることがないので、その猫たちはしっかり生きることができるんですよね。

 

「エサやり禁止」という気持ちもわかりますが、こういった去勢や避妊をすることで生きられる猫が増えていくので、そういった募金のようなものを少しでもできたらいいなって思い始めています。